老人性イボに使える塗り薬(市販薬と皮膚科の処方薬)

老人性イボに塗り薬は使えるんですが、顔や首などの皮膚が薄い場所への使用は注意が必要です。

薬によっては副作用が強かったり、使い方を間違うと肌荒れへと繋がってしまいます。

皮膚科で医師に見てもらって処方される薬はそこまで心配が無いのですが、自分で薬局などで購入し使う場合には気をつけていきましょう。

自分で購入される場合は、「市販薬の失敗しない選び方」で解説しています。

首イボ除去に失敗しない市販薬の選び方
わたしも「首の老人性イボを除去したい!」と思って身近な市販薬を購入したことがあったのですが、全然効果が無くて、数ヶ月無駄にしちゃった過去があります。 その時に、全ての市販薬が老人性イボに効くわけじゃない!と気付きました。 薬局な...

老人性イボに塗り薬は使えるの?

まず始めに、老人性イボに塗り薬は使えるのか見ていきましょう。

塗り薬は顔や首など皮膚が薄い所には使えない

老人性イボに塗り薬を使う場合、皮膚が薄い顔や首へ使うことは絶対避けましょう。

それは、老人性イボの塗り薬は、皮膚に対して強烈なダメージを与えてしまうことがあるからです。強烈なダメージとは、かゆみ、かぶれ、ただれ、湿疹、赤み、炎症などです。

イボには「老人性イボ」と「ウィルス性イボ」の2種類があります。「老人性イボ」は、加齢や紫外線の影響で肌のターンオーバーサイクルが乱れて発生します。

一方「ウィルス性イボ」は、ウィルスが皮膚内に入り込んで皮膚を隆起させるイボです。

そして老人性イボは、顔や首、デコルテ、胸元などに発生することが多く、「皮膚が薄い部分」や「皮膚が弱い部分」に発生しやすいイボでもあります。

イボ用塗り薬は、イボが出来ている部分のイボを柔らかく溶かして角質を剥がれ落ちやすくして、治療していく薬なので、皮膚の薄い部分に塗り薬を塗ると、イボと一緒に健康な皮膚まで溶かしてしまう恐れが出てきます。

顔や首に老人性イボができる原因
ここでは老人性イボの原因や、自分できる老人性イボ対策についてご紹介していきましょう。 大きく「老人性イボ」の原因と、部位によっての原因の解説をしていくので、もくじより気になる所をチェックしてみてください。 顔や首に老人性イボができる...

塗り薬はウィルス性イボに有効

イボ用塗り薬は「ウィルス性イボ」に効果的に作用します。

塗り薬タイプのイボ治療薬は皮膚をゆっくりと溶かし、イボの中に閉じこもっているウィルスを攻撃して、イボを消滅させて治療していきます。

ウィルス性イボのやっかいなところは、なかなかウィルスがなくならないことです。

ですから「ウィルス性イボ」の治療薬は皮膚の上から直接塗り薬を塗って、しつこいウィルスをしっかり攻撃してくれるような、強い刺激性のある薬効成分を含んだ薬です。

「ウィルス性イボ」の原因になるウィルスは、体の免疫機能が正常に作動していれる時は大丈夫なのですが、体の免疫力が落ちている時は、ウィルスに侵入されやすくなりイボ発生の頻度が上がります。

市販の老人性イボの塗り薬の特徴と使い方

ここからは、市販薬のイボ用塗り薬の特徴や使い方をご紹介していきましょう。中には、老人性イボに使ってはいけない塗り薬もあるので注意します。

イボコロリの特徴

  • サリチル酸配合
  • 角質を剥がす
  • 乾燥が早い
  • 価格が安い(500〜800円)
  • 老人性イボには使えない
  • 顔や首には使えない

主成分のサリチル酸は、美容皮膚科などでシミ改善などを行う場合に「ケミカルピーリンング」をする時にも塗布される薬で、肌のターンオーバーを促進する働きを持っています。

サリチル酸の働きでイボを皮膚からはがれ落とさせるという塗り薬です。

サリチル酸は皮膚を溶かす作用が強いので、皮膚が薄い部分に出来やすい「老人性イボ」に対しては使うことができません。健康な肌にもダメージを与える割合が大きくなるからです。

イボコロリが顔や首の老人性イボへは肌が荒れるから使用NG
「イボを取りたいけど、皮膚科に行くのは面倒だし・・・」と、イボコロリでイボ治療をしたいとお考えの方もいるでしょう。 イボコロリの液体と絆創膏タイプは、「顔や首の老人性イボ」に使うことが出来ません。 顔や首に使うことが出来るのは、...

紫雲膏の特徴

  • 漢方の軟膏
  • 解毒、抗菌、抗炎症作用がある
  • 低刺激性
  • 服につくと赤色が取れない

紫雲膏(しうんこう)は、漢方薬の軟膏剤で、高い抗炎症効果と肉芽形成促進作用で、イボを改善していきます。

しかし効能の中に「老人性イボ」という記載はありません。

紫雲膏は老人性イボには効かない理由
老人性イボを治療するために、塗り薬で治そうという方もいますね。 ここでは塗り薬の中でも有名な紫雲膏について、老人性イボには効くのか、成分の効果や使い方・口コミなどについてご紹介していきましょう。 クラシエの紫雲膏とは? ま...

スピール膏の特徴

  • サリチル酸配合
  • 魚の目、タコに有効
  • 厚い皮膚を柔らかくする
  • 保護パッド付き
  • 「老人性イボ」には使えない

スピール膏は、皮膚を柔らかくするサリチル酸成分を多く含んだ、角質剥離剤で皮膚が薄い場所に使用するのは禁止されていて、「老人性イボ」には使えません

イポケアEXの特徴

  • 実は塗り薬ではなく美容液
  • ヨクイニンエキス配合
  • ウワウルシ葉エキス配合
  • バチルス発酵液配合
  • ピンポイントで塗布できる

イポケアEXには、人工皮膚成分であるバチルス発酵液が配合されており、硬くなった角質を柔らかくして、イボを落としやすくしていきます。また、ヨクイニンエキスは肌のターンオーバーを促進し、ウワウルシ葉エキスが肌に透明感を与えるサポートをします。

残念ながら塗り薬ではなく、美容液なのでイボが取れる事は無いでしょう。

イポケアEXが老人性イボに効果なし!実際の口コミ評判まとめ
年齢を重ねるごとに増えてくるのが、老人性イボです。顔や首といった肌が露出している部分に出来やすいので、恥ずかしいと思う方も多いでしょう。 病院でイボ治療を受けるのも高い費用がかかりますし、通院するのも時間がかかり面倒ですよね。そのよう...

塗り薬が使えるのは皮膚が厚い所の老人性イボ

塗り薬タイプの治療薬を使ってもよいのは、皮膚が厚い部分の老人性イボのみです。

基本的には、肌の弱い部分や皮膚の薄い部分には使うことはできません。

市販薬が手軽だが効果が無い

「老人性イボ」の治療をしたい場合、市販薬の塗り薬を使うのはとてもお手軽ですが、効果がありません。

なぜなら、市販薬として販売されているイボ用治療薬のほとんどは、「ウィルス性イボ」を治療するためのものだからです。

また「老人性イボ」は、肌のターンオーバーが乱れることが原因で発生することが多いです。

加齢や紫外線の蓄積で古い角質が残りやすく、新しい角質が上手にスムーズに入れ替わっていかないことが原因で発生する「老人性イボ」に対し、ウイルスを撃退する塗り薬を塗っても効果がないということなのです。

無理やり皮膚ごと老人性イボを剥がすイメージです、肌へのダメージも大きいです。

塗って老人性イボを取りたい人には

皮膚が薄い顔や首に出来た、老人性イボを取りたい人は、塗り薬は刺激が強すぎるので使えません。

そんな人に向けて作られたイボ除去クリームです、顔や首の老人性イボにも安心して使える商品です。

首イボ除去に失敗しない市販薬の選び方
わたしも「首の老人性イボを除去したい!」と思って身近な市販薬を購入したことがあったのですが、全然効果が無くて、数ヶ月無駄にしちゃった過去があります。 その時に、全ての市販薬が老人性イボに効くわけじゃない!と気付きました。 薬局な...

病院の老人性イボの塗り薬の特徴

ここからは、病院で処方される老人性イボの塗り薬をご紹介していきます。

尿素軟膏(ウレパール)の特徴

  • 尿素配合で保湿力が高い
  • 角質を柔らかくする
  • アトピー性皮膚炎にも効果的
  • 老人性乾皮症にも有効
  • 副作用が少ない

尿素軟膏のウレパールは、角質層の水分を保持する作用のある尿素を配合しています。皮膚に潤いを与え、肌のターンオーバーを正常化させて老人性イボを改善していきます。

尿素配合なので皮膚が薄い場所への使用は注意が必要です。

尿素は老人性イボに使用できない理由
尿素はハンドクリームや保湿クリームとして、よく知られる成分です。尿素は老人性イボに効くのでしょうか? ここでは、尿素が老人性イボに与える効果や影響、副作用などについてご紹介していきましょう。 尿素とは まず始めに、尿素の特徴や働き...

ベセルナクリームの特徴

  • 日光角化症を改善する
  • 尖圭コンジローマウィルスを抑制
  • 使用期間は原則4ヶ月ほど
  • 2日連続で使用しない
  • 刺激が強い

尖圭コンジローマという、陰部にできるイボの治療薬です。

ベセルナクリームは薬効成分の刺激が非常に強い治療薬なので、毎日使えません。日光角化症は、皮膚がんの一種である「有棘(ゆうきょく)細胞がん」の、ごく早期の症状だと考えられることから、ベセルナクリームを塗って治療することがあります。

グルタルアルデヒド外用(ステリハイド液)の特徴

  • 器材の消毒剤として使われる
  • 通常は人体には使わない
  • 刺激が強く、かぶれることがある
  • 健康保険が適用されない

ステリハイド剤は、本来は医療器具の消毒剤として使用されるもので、使う際には十分な注意が必要です。

モノクロロ酢酸の特徴

  • ウィルス性イボに有効
  • イボを壊死させ、除去する
  • 定期的な通院が必要
  • 健康保険が適用されない

モノクロロ酢酸は、成分が強いので取り扱いには注意します。大抵は2週間に1回ごとの通院で、医療従事者が塗布します。

オキサロール軟膏の特徴

  • ビタミンD誘導体配合
  • 表皮が厚くなるのを改善、予防する

骨粗しょう症の治療としても使われる活性型ビタミンD誘導体の作用で、皮膚の角化する細胞を抑制して表皮を薄くしていき、イボを治療します。

まとめ

老人性イボには、効果的な塗り薬もありますし、そうでないものもあります。市販薬は気軽に購入できるのがメリットですが、中にはかゆみやかぶれなどの副作用を引き起こすので、老人性イボには使えないものも多数あります。

老人性イボが気になり始めたら、まずは老人性イボを解消するために開発された、「老人性イボ専用クリーム」などから使い始めてみるのもよいでしょう。

イボ除去クリームランキング

イボ除去クリームを選ぶ時のポイントを知りたい人は、こちらで詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

老人性イボに効く市販薬の選び方とランキング

艶つや習慣
艶つや習慣 URL1

艶つや習慣は大容量(120g)で、たっぷり塗れて、ケア出来るので、実感しやすくなり、口コミ評価が高くなっています。

迷ったらこの艶つや習慣を選べば間違いないです!

・イボケア成分:ハトムギ、杏仁エキスなど10種類
・販売実績:60万個
・容量:120g
・通常価格:4104円
・最安値:2052円

クリアポロン
クリアポロン

クリアポロンは、ユーザー満足度が93.1%と高く、180日の返金保証付きなので取れるか不安な人におすすめです。

・イボケア成分:Wヨクイニン、杏仁エキスなど19種類
・販売実績:10万個
・容量:60g
・通常価格:6800円
・最安値:1800円
(ピーリング石鹸と180日間の返金保証付き)

シルキースワン
シルキースワン

アットコスメで口コミ評価6.3を獲得されたシルキースワンです。

しかし、現在は口コミ評価が落ちてしまっています。成分的に良いのかもしれませんが、ちょっとコスパが悪いです。

・イボケア成分:ハトムギエキス、杏仁エキスと15種類
・販売実績:不明
・容量:40g
・通常価格:6800円
・最安値:2780円
(ピーリングジェル付き)

老人性イボの治療方法
シェアする
老人性イボ市販薬NOTE