老人性イボをレーザー治療の料金や方法・注意点や口コミも

「いつの間にこんなに増えたの?」と、顔や首に出来たイボでお悩みの方もいるでしょう。老人性イボは皮膚科でレーザー治療することが出来ます

ここでは、老人性イボを皮膚科でレーザー治療する場合に特に気になる料金や痛み、流れ、傷跡は残るのか、治療期間はどれくらいなのか、などについて詳しくご紹介していきます。

レーザー治療について

レーザー治療にも、様々な種類があります。ここでは皮膚科や美容皮膚科で使われているレーザーの種類についてご紹介していきましょう。

レーザー治療の種類

レーザー治療で一般的に使われているレーザーの種類は、以下の3つです。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー治療は、イボの中の水分に熱反応させてイボ組織を破壊していく治療法です。レーザー照射後は数日でかさぶたが出来ますが、そのかさぶたが取れる時、同時にイボも落ちていく仕組みです。

炭酸ガスレーザーは水分に反応するという性質を持つことから、ホクロ除去治療にも使われるともあります。

YAG(ヤグ)レーザー

YAGレーザーは黒いメラニン色素に熱反応させて肌をキレイにしていくレーザーで、よく脱毛の施術をする際にも使われます。

脱毛時は、毛穴の中にある黒いムダ毛にYAGレーザーを照射することでムダ毛の毛母細胞を破壊していきますが、その働きと同じように、イボ治療の際にはイボの中に存在するメラニンに熱反応させて組織を破壊し、イボを落としていきます。

Qスイッチ・レーザー

Qスイッチ・レーザーはメラニンを減らす目的で使われるレーザーで、シミやあざ、刺青除去などの治療にも用いられます。

老人性イボも紫外線の影響でメラニンが多く作られて、茶色いイボを形成するので、メラニンを減らすことでイボをなくしていくことが出来ます。

レーザー治療は痛い?メリットとデメリット

レーザー治療にもメリットとデメリットがあり、これからレーザー治療を受けようと考えている方はこれらのことをよく知っておく必要があります。

レーザー治療のメリット

  • 麻酔使用で痛みが少ない
  • イボのみ集中して狙える
  • 出血が少ない
  • 1回の治療時間が短い
  • 治療回数が少ない
  • 色素沈着が起きにくい

治療中は麻酔を使うので、基本的にはあまり痛みを感じません。レーザー照射後すぐは、強い日焼けやヤケドをした時のようなヒリヒリとした痛みが残ることがありますが、翌日には痛みは消えている場合がほとんどです。

レーザー治療はイボのみを狙うことができるので、傷口が小さく出血が少ないですし治癒速度も速いですから、1〜2回の通院で終了します。

レーザー治療のデメリット

  • 治療費が高い
  • ウィルス性イボには向かない
  • 色素沈着が残ることがある
  • ケロイド体質の方は注意が必要
  • 医師の技術次第で跡が残ることも

レーザー治療の最大のデメリットは、何と言っても治療費が高いことです。しかも自由診療ですから病院によって料金に違いがありバラつきがあります。

レーザー治療はピンポイントでイボのみ狙えますが、医師のスキル次第では傷跡が残ったり、色素沈着が残ってしまう場合もあります。

またウィルス性イボの方がレーザー治療を受けても、イボが再発することがあります。これは、ウィルス性イボはウィルス感染したことによって発生するので、ウィルスを完全に撃退することが出来ない限りウィルス性イボはなくならないからです。ウィルス性イボの方は、液体窒素治療が向いています。

レーザー治療の料金・費用について

次に、気になるレーザー治療の料金や費用についてご紹介していきましょう。

健康保険が適用されない

レーザー治療は健康保険が適用されない治療法なので、高額です。病院によってバラつきがありますが、イボ1ミリあたりの料金は数千円〜10000円ほどが相場となっています。

イボ1ミリでこれだけの料金ですから、大きいイボやイボの数が多い場合、イボが発生している範囲が広い場合などはもちろん料金はもっと高額になります。

レーザー治療は1〜2回の治療で済みますが、1回の治療で数万円かかることもあるということを覚えておきましょう。

麻酔代や薬代もかかる

レーザー治療は施術料だけでなく、診察料、麻酔代、検査代などもかかります。また治療後に服用する内服薬や軟膏代などもかかることが多いです。レーザー治療は色素沈着や傷跡が残らないよう、治療後のアフターケアがとても大切なので軟膏代などの薬は欠かすことができません。

レーザー治療をする際には、病院の料金表を確認して、最終的に自分が支払う費用はいくらになるのかを事前確認しておくことをおすすめします。

レーザー治療の流れや治療経過

ここからは、レーザー治療のやり方や流れを4つのポイントに分けてご紹介します。

1、始めに診察、検査、同意、テスト照射

レーザー治療を開始する前は、必ず医師による診察や問診が行われ、必要であれば各種検査も実施されます。

病院でレーザー治療するには、本人の同意がなければ出来ないので、同意書や契約書にサインして、テスト照射をしていきます。

テスト照射をしない病院もありますので、元々敏感肌の方やアトピー体質の方はテスト照射を受けて、肌への負担やダメージをチェックしてから治療を開始しましょう。

テスト照射は多くの場合は無料ですが、病院によっては500〜1000円ほどかかることもあります。

2、レーザー照射は麻酔をしてから

レーザー治療を受ける当日は、イボのある部分にクリームタイプの麻酔を塗ってから、レーザーを当て始めます。クリーム麻酔を使うことで、レーザーの痛みを消し、施術をスムーズに行うことができます。

一つ一つのイボを確認し、カメラのフラッシュのような一瞬の照射を重ねながら、イボを狙い撃ちして治療を進めていきます。

3、術後は軟膏や薬を塗って経過観察

レーザー治療が終わったら、冷たいタオルや氷枕などで患部を冷やします。術後は、肌にほてりが残るからです。

その後は抗炎症作用のある軟膏や炎症止めのためのクリームなどを塗布し、保護テープやシートでイボを覆います。多くの病院は湿潤療法という、傷口から出る湿潤液で傷を治す方法を採用しています。乾燥させるより、傷口の治癒速度が速くキレイに治るからです。病院によっては、帰りに痛み止めを処方してくれるところがあります。

このような流れでレーザー治療を受けたら、また翌日に来院して傷跡の確認をします。

4、2週間後に傷跡の確認

レーザー治療してから2週間ほど経過したら、再度、医師の診察を受けます。肌がキレイに再生されているか確認するためです。医師が見て、何の問題もなければ通院は終了し、自宅ケアを行っていきます。

レーザー治療後の注意点

レーザー治療の後は、肌トラブルを起こさないように注意する必要があります。ここではレーザー治療後の注意点をいくつかご紹介していきましょう。

かさぶたを自分ではがさない

レーザー治療後2〜3日ほどで、かさぶたが出来始めます。このかさぶたは、自分の手で無理矢理はがさないようにします。

かさぶたが自然にはがれるのを待たずに力ずくではがしてしまうと、色素沈着やシミを作る恐れが出てきます。

かさぶたをはがすと乾燥しますし、紫外線が当たりやすくなってメラニンが作られ、イボの跡が残りやすくなります。

清潔にして乾燥を防ぐ

レーザー治療後に入浴をする際は、患部に雑菌やバイ菌、ウィルスが侵入しないようにテープやシートを張りながらシャワー入浴をします。湯舟につかるのは、医師の判断を仰ぎましょう。

体を洗う時は、患部をこすらないようにして、やさしく洗い上げます。

レーザー治療した方の口コミは?

ここでは、レーザー治療を受けた方の口コミをご紹介していきましょう。

Twitter

レーザー治療以外の治療法には何があるの?

ここからは、イボをレーザー治療で治す以外の方法をご紹介していきます。

液体窒素治療

液体窒素治療は、−196℃に冷やした液体窒素を綿棒やスプレーでイボに直接つけて、低温やけどを
起こさせてから、かさぶたと共にイボを落としていくという治療法です。

健康保険の適用で費用は安いですが、痛みが大きい場合もありますし、色素沈着も残ってしまうこともあります。また1回の治療では終わらないため、数回は通院する必要があり、治療期間が長くなります。

老人性イボを液体窒素治療で除去する時の費用・痛み・経過は?
顔や首すじに老人性イボが出来て「気になって仕方がない!」という方も多いでしょう。老人性イボは、加齢や紫外線の影響で発生するイボで、皮膚科で治療することもできます。 ここでは、老人性イボを皮膚科で治療する際によく用いられる「液体窒素治療...

ヨクイニン内服薬

ヨクイニン内服薬は主にウィルス性イボの治療に体して使われます。ヨクイニンは抗炎症作用や体の免疫機能を高める漢方成分が入っており、ウィルスを抑制する力があります。

老人性イボに対しては、肌のターンオーバーの乱れを整える作用は見込めますが、素早くて即効性のあるイボ解消効果は望めません。

ヨクイニン(ハトムギ)エキスの老人性イボへの効果
漢方のヨクイニンは、顔や首の老人性イボケアに有効な成分です。 顔や首は使用出来る薬品が少ないので、天然成分で優しく肌を整えていきながら、老人性イボの原因となる肌ターンオーバーの改善をしていく必要があります。 具体的なヨクイニンの...

イボコロリ

イボコロリはウィルス性イボを治療する際には使いますが、
老人性イボには使うことができません

なぜならイボコロリにはサリチル酸という、皮膚を柔らかくしたり、溶かしたりする成分が入っているからです。イボコロリを顔のイボに塗ってしまうと、サリチル酸の強い刺激で、顔の皮膚がただれる、赤みが出るなどの副作用が出ることがあります。

民間療法

イボ治療は、民間療法でも多くの方法があります。杏仁オイルやヒマシ油などが代表的です。

しかし全ての民間療法は、医学的根拠に基づいた治療法ではないので、使ったとたん肌にダメージを受けてしまうなどの副作用も起こしかねませんので注意しましょう。

老人性イボの「皮膚科の治療」と「自宅ケア」の違い
年齢を重ねるごとに段々と増えて来る、老人性イボに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 老人性イボをそのままにしておくと年々大きくなり、数も増えてきますから、皮膚科で治療するか、市販薬や老人性イボイボ専用クリームなどを使って自宅ケア...

イボ除去クリーム

イボ除去クリームは、老人性イボに対して効果的です。老人性イボは加齢や紫外線の影響で肌のターンオーバーが乱れることで出来やすくなります。

イボ除去クリームが肌の新陳代謝を促進し、肌のターンオーバーを正常化させて、イボのない肌へ導きます。

老人性イボは放っておくと増えるので放置はダメ!

老人性イボが気になり出したら、すぐにケアを始めることをおすすめします。

先程少し説明しましたが、老人性イボは加齢や紫外線の蓄積を受けて、肌のターンオーバーが乱れると発生しやすくなります。ですから、何もケアせずに放っておくと、イボはどんどん大きく成長しますし、数も無数に増え続けます

老人性イボに対する早めの対処やケアが、老人性イボの解消や予防をするうえでとても大切です。

老人性イボを増やさない日常ケア法

ここからは、老人性イボを増やさないために日頃から出来る日常ケア方法をご紹介していきましょう。

紫外線を防止する

老人性イボは、紫外線を多く浴びれば浴びるほど増えます。日頃から紫外線対策を取ることが、老人性イボを作らないようにする大事なポイントです。

  • 外出する前は日焼け止めを使う
  • つばの広い帽子をかぶる
  • サングラスをかける
  • 日傘をさす

などの紫外線予防対策を行い、老人性イボを作らせないようにしましょう。

肌の保湿をする

老人性イボは肌のターンオーバーが乱れることで出来やすくなりますが、肌の乾燥もターンオーバーを早めるので、老人性イボを作りやすくします。

常日頃からお風呂上りに顔や首、デコルテなどに化粧水や乳液を塗って乾燥を防ぎ、肌のターンオーバーが乱れることのないように保湿していきましょう。

生活習慣を良くする

老人性イボは、加齢によって肌の新陳代謝が衰えていくことでも発生します。偏食である、夜更かしが多い、運動は全くしない、といった悪い生活習慣をお持ちの方は、生活習慣を見直すようにしましょう。

栄養バランスのとれた食事、質のよい睡眠時間の確保、ストレッチやヨガなどの軽い運動を行い、生活習慣を良くすると、体全体の新陳代謝機能もアップして肌代謝も上がります

肌代謝が上がれば肌のターンオーバーの乱れも改善されてきますので、老人性イボの予防につなげることができます。

まとめ

老人性イボは、レーザー治療で痛みも少なく、短期間でキレイに治療することが可能です。

しかしレーザー治療は健康保険が適用されない自由診療料金なので、治療費が数万〜数十万円ほどとなり高額になる場合が多いです。老人性イボをレーザーで治療したいとお考えの方は、お財布とよく相談してから施術を受けるか決めましょう。

イボ除去クリームランキング

イボ除去クリームを選ぶ時のポイントを知りたい人は、こちらで詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

老人性イボに効く市販薬の選び方とランキング

艶つや習慣
艶つや習慣 URL1

艶つや習慣は大容量(120g)で、たっぷり塗れて、ケア出来るので、実感しやすくなり、口コミ評価が高くなっています。

迷ったらこの艶つや習慣を選べば間違いないです!

・イボケア成分:ハトムギ、杏仁エキスなど10種類
・販売実績:60万個
・容量:120g
・通常価格:4104円
・最安値:2052円

クリアポロン
クリアポロン

クリアポロンは、ユーザー満足度が93.1%と高く、180日の返金保証付きなので取れるか不安な人におすすめです。

・イボケア成分:Wヨクイニン、杏仁エキスなど19種類
・販売実績:10万個
・容量:60g
・通常価格:6800円
・最安値:1800円
(ピーリング石鹸と180日間の返金保証付き)

シルキースワン
シルキースワン

アットコスメで口コミ評価6.3を獲得されたシルキースワンです。

しかし、現在は口コミ評価が落ちてしまっています。成分的に良いのかもしれませんが、ちょっとコスパが悪いです。

・イボケア成分:ハトムギエキス、杏仁エキスと15種類
・販売実績:不明
・容量:40g
・通常価格:6800円
・最安値:2780円
(ピーリングジェル付き)

老人性イボの治療方法
シェアする
老人性イボ市販薬NOTE